サイトマップ

ホーム > リフォーム実績 > No.075 リフォーム 江戸川区 マンション 3LDK+S

老朽化した築40年マンションをリノベーション

細かく仕切られた部屋の配置、古さを感じさせるL字キッチンは、無用の壁を必要とし、特徴ある物件の形を生かしきれず、空間を遊ばせていました。
洋室の1室をリビング・ダイニングの一角として広げ、キッチンをL型からI型にし、リビング・ダイニングに続く細く暗い廊下の片側の壁を取り払い、広がりのある空間に。
また、ところどころにあった段差は床の高さを上げ、バリアフリーのフラットな仕上げに。床は最高品質のLL40を採用。特に厳しかった基準をクリアするため、JIS規格の品質証明書付きフロアー部材を使用。吸音材のグラスウール(※)を敷いて、階下にはまったく音が響かない工夫も。

場所 江戸川区
築年数 27年
工期 約3週間
工事面積 約91平米
間取り 3LDK+S
建築形態 マンション

グラスウール

(※)「グラスウール」とは…
珪砂、長石、石灰石、苦灰石、ソーダー灰などの混合物及び/又はリサイクルかレットガラスを原料として溶融し、繊維化して製造された人造鉱物繊維をいう。断熱・吸音をはじめ、様々な用途に使われている。

実績ページ物件の実際の工事料金のお問合わせはこちら
施工費の内容や内訳など、お気軽にお問い合わせください。この実績ページはNo.075です。
ダイニングキッチン
ダイニングキッチン
ダイニングキッチン

およそ20帖の広々リビング

カウンターキッチン越しにのぞむリビング・ダイニングは、洋室一部屋の壁を取り払い、広々とした空間に。白い格子がデザイン性を演出すると同時に、軽く遮断された空間も生み出し、心地よい空気感を醸し出します。

廊下

ダイニングキッチン
自然な木目調の美しさ

白い壁、格子に反し、濃淡ランダムな木材色を主張する床材は、リズミカルな印象。物件の床全体を同じ素材で仕上げ、統一感のある美しさが空間をより広く見せ、外国の物件のような印象ももたらしています。



キッチン
キッチン
キッチン

開放された明るいキッチン

従来のL型では廊下側に壁が設置されており、閉ざされた場所でした。I型に変更し、カウンターを設置するなど、キッチンを取り囲む壁を大幅に取り払い、突き抜けた空間に変貌。そしてさりげなく、IH導入のオール電化仕様に。Panasonic社製、ワンランク上のリビングステーションSクラスを採用。

キッチン


キッチン
パントリー

カウンター越しに見えてもOK

パントリーを備えたキッチンは、動線上に収納を置く必要もなく、いつも整然とした、見せてもOKなキッチン。


廊下
廊下
アクセントクロス
バリアフリー

独特の表情を見せるアクセントクロス

玄関ホールを経て、奥の洋室のドアまで続く廊下の突き当たりには、アクセントクロスを施し、一筋のダウンライトとあいまって華やかな雰囲気に。ゴールドにも見えるクロスは建具・床色ともマッチング。
リビング入口に元々あった段差は、床の高さを上げることによりバリアフリーに。つまずきも解消されました。

廊下

実績ページ物件の実際の工事料金のお問合わせはこちら
施工費の内容や内訳など、お気軽にお問い合わせください。この実績ページはNo.075です。
各居室
ダイニングキッチン
ダイニングキッチン

柔らかいブラウンで色味を統一

和室は洋室に変更。カーペット張りだった洋室もフローリングに変更。
収納部分は使い勝手の良いクローゼットを設置。
各居室、床材は全て共通の素材を使用し、ここにもアクセントクロスを採用。存在感のある床材とも調和し、落ち着いた雰囲気に。

廊下

電気温水器
電気温水器
設備一新で最先端のエコ生活

洗面ルーム、洗濯パン奥に設置されたフルオート電気給水器。以前は洗面台の奥にカーテンのみで仕切られていましたが、扉を新しく設置。温水器も入れ替えたことで、古さが今の時代にあったエコな生活に早変わり。
コンクリート打ちっぱなしだった温水器横のデッドスペースも、クロスを張って有効活用。

電気温水器

玄関・納戸
浴室
トイレ
洗面台

余計なものは一切見せないミニマム空間

玄関タイルは大理石調の白。玄関ドア内側の白との統一感を出して。
元々半分の高さで、つい上に物を置きがちなシューズボックスは、天井までの高さある仕様に変更。扉内側には靴のみならず様々なものを収納できるスペースも設けています。
玄関脇の納戸には上部に棚を設け、収納力を一段とアップさせました。

廊下

実績ページ物件の実際の工事料金のお問合わせはこちら
この実績ページはNo.075です。お問合せの際にご記入ください。


〒130-0014 東京都墨田区亀沢3-11-10
TEL:03-5610-8980 FAX:03-5610-5050
Copyright © Seiwa Building Master Co., Ltd. All Rights Reserved.

Google+